コンテンツにスキップする
メニュー

設立沿革

フォントサイズ:
小さい文字サイズ
中程度の文字サイズ
大きい文字サイズ
:::

History

HistoryHistory

黄金博物館エリアは台湾国内初めての生態博物館の理念を基づいて作られたので、地域の力を合わせて、金瓜石地域にある貴重な自然環境、鉱業遺跡、特殊な景色、歴史と人文資産などを完璧に保存して、その上に新しく発展を展開していきたい。園内の施設や展示館に目次法で金瓜石の資源をまとめていく。来客がその環境に入って自ら豊富な教育資源を体験してほしい。

黄金博物館エリアは中華民国九十一年から計画を始まって、九十三年十一月四日に正式オープンして今まで。

創立と経営の目標は以下の通り:

missonmisson

1.鉱業の歴史と人文特色を保存し、再現する:(1)金瓜石水湳洞地域の歴史を調査してデータベースを集成することによって、教育の基礎として発展していく。(2)文化資産と集落景色を保存する。

2.環境教育の自然場所になり、生態の旅を促進する:自然資源の研究と調査、生 態景色の維持と保存、原生植物の回復、生態旅行のお勧めと自然教育の促進。

3.アイデアを発揮する黄金芸術工芸の発展を促進する:黄金に関する知識、芸文 関係の研究や調査と金属工芸の資料なのデータベースを作成して、教育の促進、金属工芸のアイデアの発揮及び工芸人材の訓練。

4.地域の生態博物園エリア:共同意識を持たせて、地域の人々を参加するように。

金博物館エリアは資産保存の考えを中心としての地域の経営は末永く発展することと旧建築の再利用を強調して、現地の力と合わせて共同経営していくとともに地域の発展もできるように。国内初めての経営方式で、文化資産の保存と創意の発揮することを新しい道を開いていく。

TOP